3年ぶりの汗と青春

店舗日誌2008年8月11日

先日、高校のクラブのOG会へ行き、3年ぶりにテニスラケットを握りました。

毎日朝から晩まで必死になって練習をした懐かしいコートへ足を踏み入れ、
真っ黒に日焼けした、たくましい後輩たちに元気に挨拶をされると、
高校時代に自分が抱いていた様々な思いがありありと甦ってきて
不思議とあの頃の自分に戻ったような錯覚に陥ってきました。

筋肉で引き締まった自分の体、
誰にも負けない体力と男子並の剛速球、
三年間培った精神力

を思い出し、いざ現役の後輩たちとの試合へ…

自分の体力の衰えは承知の上で望んだ試合でしたが、
結果はやはりボロボロにされて負けてしまいました。

が、結果はともかく汗をたくさんかいて、ストレス発散できた一日でした。

最近は高校時代からは想像もつかないくらいの、
白くてぽにょぽにょの自分の手足を見て凄く情けない気分によくなります。

たまにオアシスでトレーニングをしている私ですが、
まだまだ努力が必要であることを痛感させられた一日でもありました。
(東條)

画像(1)あの頃と同じ!?
画像(2)後輩vsOG!!
※撮影/東條の友人


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。