○○しながら複式呼吸

店舗日誌2021年5月6日

腹式呼吸と言えば小学校の時に音楽の授業で習ったのが最初でした。
最近ではYOGAの呼吸法などで体験された方も多いのではないでしょうか?

腹式呼吸とはお腹を出したり引っ込めたりすることにより横隔膜を上下させる呼吸法です。

基本は、吸う時は鼻吐く時は口で行います。
肋骨を広げたり閉じたりして胸で呼吸する胸式呼吸に比べ、
精神安定・脳の活性化などの効果が高いと言われています。

鼻から大きく息を吸い込みお腹をふくらませ、フッ・フッ・フッ・・・と、
短く区切って口から吐き出します。
その時にお腹を使うことを意識してやると腹筋を鍛える効果もあると期待しています。

何の道具も使わずいつでも簡単にできるので、
テレビを見ながら、メールを打ちながら、お風呂につかりながら・・・
なんでもいいんです。

ちょっとした待ち時間にでも是非やってみて下さい。
ひょっとしたらついでに歌もうまくなっちゃうかもです!
(銅子)

画像/お腹を意識しながら・・・
※画像撮影者/スタッフ


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。