エアーKならぬ・・・

店舗日誌2020年10月27日

テニス界の王子『錦越 圭』選手が出場しているテニスの大会を観戦しました。
タイトルのエアーKですが、ジャンプしながらフォアハンドを打ち込む得意の技を、錦織選手の名前の「圭」をとって「エアーK」と言うそうです。

選手入場でやはり一番の歓声を浴びていました。
テレビで見ると大きく感じたのですが、実際観戦して近くで見るとそれほど高くはないんです。
プロフィールを見ると身長は178cm。
世界の男子プロテニスプレーヤー上位になると185cm前後がゴロゴロといる中、一回り低い身長で世界を相手に活躍できるとは驚きです。

スポーツは身体の大きさだけではないですね!
センス・技術・努力・継続!
みなさんもレッスンに出られて、周りの人が上手くて挫折したかもしれません。
でも努力を続ければ必ず上手くなります。

『ローマは一日にしてならず』

そんな錦越選手の得意技を再現してみました。(画像2)
「エアーK」ならぬ「エアーT」です。
(寺内)

画像(1)テニス会場
画像(2)「エアーK」ならぬ「エアーT」!
※画像撮影者/(1)寺内(2)澤井


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。