STOP早食い!

食事・栄養・レシピ2012年4月21日

みなさん食事にかける時間は長いほうですか、それとも短いですか?私自身はかなり短いほうだと思います。もともと早かったのですが、子供が生まれ、育児の合間にご飯を猛スピードでかきこむ癖がいまだに抜けずにいます。

人間の脳は、食べ始めてから15〜30分しないと満腹になったサインが出ないそうです。自分で食べる量をコントロールできれば大丈夫ですが、満腹になるまで食べる人は肥満になりやすいそうです。

早食いを治すには、良く噛むことが必要です。一回につき30回噛んでから飲み込むのがいいそうですが、朝の慌ただしい時間にそれをするのは大変です。なのでゆっくりできる夜ご飯の時に意識して噛むようにしています。また、野菜などもできるだけ大きく切って少し硬めに火を通すようにしています。

最近はお味噌汁の具にはこの時期おいしい根菜類(大根やレンコン)を大きめに切ったものを入れていますが、こうすると食べ応えのあるおかずの一品となります。

ダイエットのために食事の量を減らすことばかり考えるとストレスがたまります。食べ方を見直すことも無理なくダイエットを長続きさせる方法だと思います。


(樫本)

画像(1):お味噌汁の具は大きめに切ります。
※画像撮影者/樫本
写真:お味噌汁の具は大きめに切ります。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。