栄養で健康的な身体作りを

食事・栄養・レシピ2013年8月19日

いきなりですが、「ファイトケミカル」という言葉をご存知ですか?ファイトケミカルとは、植物中に存在する天然化学物質のことで、カテキンや大豆イソフラボンなどがあります。緑黄色野菜や辛み成分にも含まれています。今回は栄養素についてお話しします!

まずは「カテキン」。抗がん作用や、虫歯予防、腸内環境改善などに効果があると言われています。緑茶、ほうじ茶、レンコンに多く含まれている栄養素です。健康に良いということで、お茶で有名な県では水道の蛇口からお茶が出る小学校もあるそうです。

「大豆イソフラボン」は骨粗鬆症、美肌効果、前立腺がん予防に効果があると言われています。納豆やきな粉、味噌に多く含まれている栄養素です。最近では、化粧水にイソフラボンが入ったものも売っていますよね!

「リコピン」は抗酸化作用、抗がん作用に効果があると言われています。トマトや柿などに多く含まれている栄養素です。

最後に「カプサイシン」は体脂肪燃焼、胃腸内殺菌の効果があると言われています。とうがらしやししとうに多く含まれている栄養素です。

抗酸化・抗がんへの作用や、免疫力のUPなど働きがあると言われているファイトケミカル。最近は暑さで食欲が失われる方もいらっしゃるそうです。栄養不足などで免疫力が下がると体調不良に陥ることも。運動プラス栄養で夏の健康的な身体作りを!


(宮本)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。