ゴーヤー習慣 第三弾!

食事・栄養・レシピ2020年10月27日

恒例となっている【ゴーヤー】料理、今回は≪ゴーヤーとナスのさっぱり炒め≫

写真:
画像(1)

暑く体が疲れている時は、サッパリしたものが食べたくなりませんか?今回はゆずポン酢で調理してみました!後味がサッパリしていて、とても食べやすい一品です。
ナスは、前回のトマトやゴーヤーと同様、苦手な人が多い野菜です(僕は大好きです)。ナスの皮には特有のポリフェノールが含まれていて、その名も【ナスニン】。名前からしてナス特有だというのが分かりますね!
ナスニンには強い抗酸化作用があり、その効果はブロッコリーよりも強いと言われています。抗酸化作用により、老化防止やがん予防などが期待できるとなれば、食べておきたい野菜ですね!ナスニンを多く摂取する為にも、皮ごと食べて下さいね!
そして主役のゴーヤー!栄養豊富な野菜なのはもちろんの事、ゴーヤーに含まれるβカロテンは、アンチエイジングにも効果があるのだとか!体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を保護する役目があります!日焼けし、肌が荒れやすい夏には必要ですね。
もちろん抗酸化作用のある野菜ですので、ナスと組み合わせることで、肌を健康に保ち老化防止のできる≪アンチエイジングコンビ≫としてもオススメしたいです!
良薬口に苦しとはまさにこのこと!


(荷輪)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。