気温差からの体調不良に効くツボ

健康2020年10月27日

最近、日中と朝晩の温度差が激しいですが、体調の方はいかがでしょうか。

暑い日中に屋外から冷房の効いた場所への移動や、この季節の日中と朝晩など気温差の大きい場合に、自律神経が乱れてしまうことがあります。自律神経が乱れてくると疲労や不快感だけでなく、体調不良にもなりやすくなります。そんなときによく効くツボをマッサージして、自律神経の働きを助けてあげると身体がスッキリします。今日はバテ解消のツボをご紹介させて頂きます。

ご紹介させて頂くツボは『湧泉-ゆうせん』という足の裏のツボです。足の裏の中央部の窪みを強く押します。指を使っても良いですが、青竹やゴルフボールなどを使うと刺激しやすいです。

写真:ゴルフボールでツボを刺激します
画像(1)ゴルフボールでツボを刺激します
入浴後や就寝前など、リラックスタイムのマッサージとして取り入れてみてはいかがでしょうか。ツボの刺激には腹式呼吸を行うと、より高い効果が期待出来ます。


(荒川)

画像(1):ゴルフボールでツボを刺激します
※画像撮影者/荒川
写真:ゴルフボールでツボを刺激します

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。