新プログラムで肩こり解消

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

先日、1月より新しく始まるポールを使ったプログラム「首肩リセット」・「コアコンディショニング」の研修に参加してきました。ポールとは丸い棒状の器具で、このポールの上に仰向けに寝て行うエクササイズを習得する研修です。

私たちが正しい姿勢を保つのに重要な「コア」。「コア」とは、中心という意味で、体の幹となる体幹部分の骨や筋肉などのことです。「コア」の機能が低下すると、姿勢が崩れて肩こりや腰痛につながったり、せっかくのトレーニングの効果が得られなかったりすることにつながります。

ポールを使ってコアを緩めたり、安定させたりすることで、コア本来の機能を高め、正しい姿勢を取り戻していくというこのエクササイズ。研修では、レッスンを体験することから始まりました。

レッスン後の変化を確認するため、ポールに乗る前に、片足立ちをしたり、体をひねってみたり、仰向けに寝てバンザイをしたり、体の状態を確認します。そしていよいよエクササイズスタート。前半は、胸や肩甲骨周りを動かしたり、脇腹を伸ばすような動作があり、少しずつ筋肉をほぐしていきます。後半ではお腹に力を入れながらの呼吸や手足を持ち上げたりしながら体幹を安定させていきます。

20分のレッスンの後、ポールから降りて、体の変化をチェックすると・・・驚くほどの違いがありました!片足立ちでは、最初よりもふらつきがなくなり、体をひねると視界が確実に変わっていました。そして何より肩が軽い!!日頃肩こりに悩まされている私ですが、研修の次の日まで肩こりが楽になっているのを実感できました。

これから、1月からのレッスン実施に向けてスタッフ同士で練習しながら、自分の体もケアしていきたいと思います。


(山中)

画像(1):三日月のような形で脇腹ストレッチ
画像(2):最後にコアを安定させます
※画像撮影者/山中
写真:三日月のような形で脇腹ストレッチ 写真:最後にコアを安定させます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。