上半身と下半身の筋肉量について

フィットネス・エクササイズ2021年8月18日

こんにちは、フィットネススタッフの仲本です。
今回は「上半身、下半身の筋肉量」についてお話します。
一般的に筋肉量は負荷を掛ける状況を作らないと増えることはありません。
日常生活では歩く、階段を上がるなどの脚とは違い、「上半身」に負荷を掛けることは非常に少ないことがいえます。特に胸や背中は大きな筋肉にも関わらず、維持することすら難しいのではないでしょうか。
歩く、走るを習慣化している方は「下半身」の筋肉量は「上半身」と比較すると緩やかに低下していきます。
筋肉量自体は基礎代謝にも影響する重要項目であり、年齢と共に低下するとはいえ、出来るだけ維持・向上させたいものです。 それには筋力トレーニングが不可欠で、マシン・ダンベル・バーベル・自体重など負荷の掛け方は様々ですが、いずれにせよ継続的に取り組むことが必要です。
そこで部位別では、「上半身」を積極的に進め、「下半身」も出来るだけ取り組むようにしたいものです。
「時間がない」や「あれもこれもやるのは大変」などを感じた場合、上記を参考にしてみてはいががでしょうか?

写真:まず、上半身から
画像(1)まず、上半身から
写真:脚も重要です
画像(2)脚も重要です


(仲本)

画像(1):まず、上半身から
画像(2):脚も重要です
※画像撮影者/仲本
写真:まず、上半身から 写真:脚も重要です

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。