『てけてんてんてんてん』

店舗日誌2009年3月14日

春ですね!!私の実家の新潟では3月はまだまだ寒くて卒業式でも雪が舞っていましたが、大阪に来てから3月に春を感じるようになりました。春、新生活を控えている方も多いのではないでしょうか?
この度私も引っ越す事になり、荷造りも大詰めを迎えています。

街を歩く人の服装も色鮮やかになり、先日は梅の花が咲いているのを見かけました。そして私はこの季節になると毎年18歳の時に初めて大阪で一人暮らしをした時の事を思い出します。
大阪は都会で刺激的で街を歩くだけで楽しくてぶらぶら毎日過ごしていました。
皆さんにとっての3月はどんなイメージ、そしてどんな思い出が詰まっていますか?

少し話が変わりますが、私は毎日寝る前に本を読むのですが、今読んでいる本がまさに大阪に来るきっかけにもなった中島らも『愛に打つ釘』というエッセイなのですが、その中にこの季節にぴったりの魔法の言葉が載っていたので紹介させて頂きたいと思います。

出会いや別れの多いこの季節、ふとセンチメンタルな気分になり、1人でつい大きなため息をついてしまいそうになることありませんか?そんなため息を一気に吹き飛ばしてくれる魔法の言葉です。『てけてんてんてんてん』と口に出して6回言ってみるそうです。初めの一回が肝心です。さぁ………どうですか?ため息吹っ飛びませんか?

私はこの言葉で無事荷造りに励み春を迎られそうです。
もしどこかで『てけてんてんてんてん』と言っているのを聞いたら、あぁなんかあったのかなと暖かく見守って下さい。
(竹内)

画像(1)枕元
画像(2)荷造り
撮影/本人


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。