三食の意味について

食事・栄養・レシピ2021年6月18日

皆さんこんにちは、フィットネススタッフの森永です!
今日から「栄養シリーズ」として、皆さんにたくさんの情報を発信していきますので良いと
思った記事があれば、ご自身の目的達成のために日頃の生活の中に取り入れてみてください。

栄養シリーズ第一弾は、これから体作りを始める人必見!!「三食の食事の意味」に
ついてお話していこうと思います。
運動をしている方の中には、食事量を減らしている方がいらっしゃると思います。もちろん
目的達成のために食事量をコントロールすることは重要です。
しかし、朝食・昼食・夕食にはそれぞれ食べる意味があります。それを無視して、身体に負担をかけるような食事をしていてはご自身の目的を達成することが難しくなってしまったり
目的を達成してもすぐに元に戻ってしまったりします。今回は皆さんに三食それぞれの食べる意味を知っていただき、目的達成のための第一歩を踏み出していきしょう!

まず朝食には、「活動のスイッチを入れる」役割があります。朝食を摂ることで脳や体が睡眠状態から目覚め、活動状態へと切り替わり、その日の活動効率を上げてくれます。
つまり朝食を摂らなければ、効率よく仕事やトレーニングが出来ません。ですから朝食は
必ず摂るように心がけましょう!!朝食を摂る習慣がない人や朝はあまり食べられないと
いう方は前日の夕食の内容を見直したり軽い物で良いので口に入れるようにするところから始めてみましょう!

続いて昼食には「朝と夜をつなぐ」役割があります。朝で摂りきる事が出来なかった栄養やエネルギーを補給し、夕食までの活動を支えます。食べる物は栄養バランスが整いやすい定食スタイルが一番オススメです!麺類や丼のときは、副菜や野菜ジュースなどを選ぶと全体の
栄養バランスが良くなるのでオススメです!

最後に夕食は「一日の回復と翌日の準備」をする役割があります。夜は一日のダメージを回復し、睡眠中に発達を促し、翌日の準備をします。なので、消化に良い物やあっさりした物など、ご自身の体力と気持ちをいたわるような食事をしてみましょう。

いかがでしょうか?三食にはそれぞれの意味があり、どれも体作りには重要なものです!
しっかりと食べて自分の理想に少しでも近づけるように頑張りましょう!!


(森永)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。