食後は眠たいのはなぜ?

フィットネス・エクササイズ2008年8月10日

おいしいごはんを食べた後は、つい横になってしまって眠くなりますよね!
私もよく寝てしまいます↓
でも、これはいったいどうしてでしょうか?

これは、自律神経というものが関係しているんです!
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は運動時や興奮時に、副交感神経は安静時や休息時に優位になります。

食べたものは消化して吸収する必要があります。
消化・吸収してくれるのは内臓です。
なので、普段はさほど動かない内臓ですが活発になります。
この時には副交感神経が優位になります。
体は休息モードになり脳や体を休めようとするのです。
だから眠くなるのです!

さらにもう1つ問題がっ!
すぐに寝てしまうと、たくさん吸収してしまいます。
寝ている時は安静状態です。エネルギーも消費しません。
だから、消費できずに残ったものは体脂肪に変換してしまいます↓
相撲取りはこの方法で体重を増やしてますが、多くの人からしたら嫌なことですよね。

夜寝る前に食べない方がいいのも同じことです。
とくに長時間寝ることになるので、さらに気をつけるべきでしょう。

それなら一体どうしたらいいのでしょうか?
食事をしないわけにはいきません!
眠いのを少し我慢して、オアシスに来て運動をしてみてください!
エネルギーも消費できるし、時間も経ちます!眠気に勝って運動してみましょう!
(シェイプナビトレーナー安永)

画像/スタッフ井原も食後によく寝ちゃいます。。。もちろんトレーニングもしてますよ!
※画像撮影者/大井


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。