食べる順番を変えてみましょう

ダイエット・美容2020年10月24日

昨年も様々な効果的なダイエットが流行りました。豆乳バナナ、トマト、耳ツボ、カーヴィダンス、ロングブレスダイエットなどなど・・・。

私は運動だけではなくさらに何かできるものをと考え、ここで紹介する方法は、「食べる順番ダイエット」です。これは、いつもの食事の食べる順番を変えるだけのダイエットなのです。この方法で効果が出やすい理由は2つです。
まず、くすみ・たるみ・しわなどの原因となる血糖値の上昇を抑えやすくなる。お腹が空いているときに炭水化物を食べると血糖値が急に上昇します。その血糖値上昇を抑える役割を果たす分泌物が、脂肪を溜めやすくしてしまうのです。
次に、食材の順番を変えることで満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐ効果がある。すぐに怠けてしまったりする私にとっては、このような気持ちで臨むこともとても大事なのです。

さて、その食べる順番ですが、食物繊維→たんぱく質→炭水化物の順番が最も効果が得やすいです。例えば、トンカツ、サラダ、みそ汁、ライスのメニューだとサラダ→みそ汁→トンカツ→ライスの順番に1品ずつ片付けるのです。

写真:サラダ→みそ汁→トンカツ→ライス
画像(1)サラダ→みそ汁→トンカツ→ライス

簡単そうですが、三角食べが染み込んでいる私には意外と難しく、しかもメインがトンカツならまずトンカツからいきたいところですが、そこはグッと我慢をして、まずはサラダ!というように改善中です。これでさらなるダイエットを目指して頑張ります。ただし、順番通りでもカロリーを摂取しすぎたり、食べすぎたりでは意味がないので、そこから抑えなければなりませんが・・・。


(藤井)

画像(1):サラダ→みそ汁→トンカツ→ライス
※画像撮影者/藤井
写真:サラダ→みそ汁→トンカツ→ライス

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。