入浴のス・ス・メ

ダイエット・美容2020年10月1日

最近は朝晩めっきり寒くなりましたね。これからますます寒くなり、冬本番を迎えます。今回ブログを担当させていただきます田中です。
皆さんのお家ではもう暖房をつけていますか? 私は暖房による部屋の乾燥が気になるので、極力、家ではつけないようにしています。極寒だった去年の冬も、ほとんど暖房を使うことなく過ごしたのですが、ひとつ難点なのが、夜寝る時に布団に入っても手足が冷たくてなかなか寝つけない・・・ということです。そこで、寝る前には必ずシャワーではなくお風呂に入るようにしました。シャワーだけですますのと湯船につかるのとでは、体の温まり方が全然違います。湯船につかると手足の先まで温まり、布団の中でもその状態が続きます。遅く帰宅した日や疲れている日など、お湯を貯めて湯船につかるのが面倒だなぁと思うこともありますが、いざエイッと入ってしまえば、やはりその効果は大で、翌朝の寝起きが良い気がします。実際に、入浴には体を温める他にも、ダイエット効果、リラックス効果、疲労回復効果、など様々な効果があります。
■ダイエット効果■
入浴によってもカロリーは消費されます。入浴をすると、全身の血行がよくなって体が温まり、脂肪が燃焼されやすくなります。ただし、汗をたっぷり出したいからといって、あまり熱い温度にすると交感神経が働いて寝つきが悪くなってしまうので、38〜40℃くらいのお湯に20分程入るのが良いです。私はこの時、本を読んでいます。
■リラックス効果■
湯船では浮力が働くため、日頃体重がかかっている筋肉や関節を休ませることができ、体にかかる負担が減ることで心もリラックスできます。また、リラクセーション効果が高まる香りつきの入浴剤などを入れてみるのもオススメです。最近は市販されている入浴剤のバリエーションも豊富なので、いくつかストックをしてある中から、その日の気分でチョイスするのが楽しみです。
■疲労回復効果■
血行が良くなることで新陳代謝が高まり、体内の疲労物質や老廃物が取り除かれます。それによって肩こりや筋肉の疲労回復などにつながります。
日頃、何かとお疲れの皆さん!! 1日の終わりには湯船につかって、疲れを癒してみてはいかがでしょうか?


(田中)

画像(1):本日の入浴剤はコチラ
※画像撮影者/田中
写真:本日の入浴剤はコチラ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。