プールでの万が一に備えて

店舗日誌2020年8月8日

水上安全研修に、山賀・森岡・菅原で行って来ました。水上安全研修ではプールで万が一お客様が溺れてしまった際、溺者の救助からCPR活動を行い、救急隊に引き継ぐまでの方法論を学んできました。

写真:万が一に備えてみんな真剣に研修うけています。
画像(1)万が一に備えてみんな真剣に研修うけています。

プールは施設の中で最も危険な場所のひとつです。もちろん未然に防ぐことが一番大切ですが、もしもの時のためにあらゆる状況・条件を想定していることが必要です。溺者の搬送、プールからの引き上げ方法を行ないましたが、溺者に負担を掛けずに迅速に行なうためにはなかなかコツがいります。また間違った方法で行なうと二次事故に繋がってしまいますので、冷静かつ迅速に行なうためにシュミレーションを繰り返し行う必要があると感じました。

住吉店では、お客様に安心してプールをご利用していただけるよう定期的に水上救助訓練を行って参ります。


(山賀)

画像(1):万が一に備えてみんな真剣に研修うけています。
※画像撮影者/山賀
写真:万が一に備えてみんな真剣に研修うけています。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。