被災地へ願いを込めて

店舗日誌2016年7月22日

5月のOASIS VILLAGE Charities では、熊本地震の被災地へ願いを込めて、そして少しでも災いの少ない平和な毎日が送れますよう、千羽鶴を折ろう!という企画を提案しました。

スタッフはもちろんの事、多くの会員様のご協力により、7月初旬からフロントラウンジに完成した千羽鶴を飾っております少し余ってしまった鶴は、スタッフがハートの土台に可愛く貼り付けてくれました!たくさんのご協力、有難うございました!

少しでもこの願いが被災地の皆様に届きますように。


(冨野)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。