ライブではじけれない!準備はしっかりと…

店舗日誌2009年2月8日

何事も準備が大切です。
昨年末、友人に誘われ、あるバンドのライブを観にいきました。
予定が空いていたので、二つ返事で「行く行く!」と答えてしまいましたが、実は中学時代にちょっと聞いてたくらいでそんなに詳しくはないバンド。
家族に聞かれたときも「ボサノバとかジャスとかを融合させたような・・・とにかくカフェでかかってそうな曲。。。」と曖昧な説明しかできず「あなた、それでわざわざライブ行くの?」と返されてしまいました。

今までライブは彩戸智恵くらいしか行った事がなく、“ライブハウス”たるものさえ初経験!
なのに、なぜかその時は意味のわからないポジティブ思考が働いて、「ライブだし、生の歌声と場内のノリで十分楽しいだろう!」と、CDを借りたり、HPで下調べしたりすることもせず、うる覚えな1、2の曲を片手に、当日ライブに挑んでしまったのです。

当日初のライブハウスに「おぉ!イスがない!ステージめちゃ近い!!」
・・・完全おのぼりさん。一緒に行った友人は恥ずかしかっただろうなぁ・・・
その上「どうせなら!」と友人とぐいぐい移動して、かなり前へ。
2つ頭の向うにはもうステージが!
手を伸ばせば、マイクのコードくらいは引っ張れそうです。

歓声と共にメンバーが、なぜかハッピーバースデー的な歌から登場。
「メンバーに誕生日の人でもいるのかな?」
なんだかよく分からないけど、とりあえず周りと一緒に「イエ〜イ!」
知らなくても大丈夫そう♪と調子に乗って、楽しむ私。
が、しかし、挨拶トークを聞いてると何となく普通のライブではないような。。。
「大阪に戻って来ました!!10周年ライブツアーをしてきて、とうとう今日が最後のライブです!本当に皆有難うー!!」って、え?関西出身なの?
そして、10周年記念ライブ?しかも、今日が最後なの??

終盤には観客にマイクが向けられ、皆で歌うライブならではのパフォーマンスも。
一体感が得られテンション最高潮!になるはずの場面も、歌詞分からなくて残念・・・

アンコールにはメンバーの方が感極まって涙がぽろり。
そんな姿に、ファンから「ありがとう!!」「頑張って!!」熱いメッセージが飛ばされます。
私もその熱さに思わず「10周年おめでとうー!!」と叫びましたが、
バンドのことをあまり知らない私から送られる言葉。。。何だか後ろめたさを感じてしまいました。

人は過去を教訓にし、未来につなげていける生き物です。
今月はスタッフ池田よりMONKEY MAJIK(モンキーマジック)というバンドのライブにお誘いいただきました!同じ過ちを繰り返さぬよう、只今準備中でございます。
でも、英語が多くてなかなか歌詞が覚えれずですが。。。(苦笑)

まだまだ寒いこの時季、皆さんも、より楽しくトレーニングが出来るよう、準備運動をしっかりと行って挑んでくださいね〜
(大井)

画像/次こそもっとはじけるぞー!
※画像撮影者/大井


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。