雨の日の思い出

店舗日誌2009年3月19日

早いものでもう3月の下旬ですね。
天気も暖かくなったかと思うと急に雨が降って冷え込んだり・・・。
実は、こんな雨の日にふと思い出すことがありまして。

当時大学生だった私、学校からの帰り道にものすごい通り雨にあったんです。
不運にも地元の駅をおりてしばらく歩いたところだったので、周りにコンビニもなくて傘を買うこともできずにビショビショの濡れ鼠みたいな姿になってしまって。

最初は走って帰っていたんですが、あまりに強い雨にだんだん
『これだけ濡れたら今さら走っても意味ないや〜』なんて思い、どしゃぶりの雨の中走るのをやめて一人とぼとぼ歩いていると、後ろから車がやってきて、私の横で止まったんです。

『???』
と思っていると車の窓があいて、傘をもった男の人が

『これ、よかったら使ってください。』
と傘を差し出してくれたんです。
今思うと大雨の中傘もささず、ひとけのない道をひとりトボトボ歩いていたら異様というかかなりかわいそうな姿に見えたんでしょうね(苦笑)

でも、“世の中には親切な人がいるんだなぁ”なんてしみじみ思ったものです。
結局その人に傘を返すことはそれっきりの出会いなので当然できなくて、『いつか同じように困っている人がいたらこの傘をあげたいなぁ』

なんて考えて雨の日にはその傘をしばらく持ち歩いていたんですが、CDのレンタルショップに入った時にまたまた急な雨に降られたんです。
“いい天気だったのにやっぱり天気予報があたったなぁ〜”と思いつつ、傘を傘立てに入れて店の中へ。
店内を軽くぐるっと一周して、借りたかったCDをレンタルして店を出たら・・・。
傘がない!!

そう・・・急な雨で困った誰かが私の傘(といっても譲ってもらった傘だけど・・・)をとっていったのでした・・・。
なんというはやわざ。店をでるまでに5分ぐらいしかたっていないというのに!
確かにいつか急な雨で困ってる人にあの傘を渡したいとは思ってはいたけれど、なんて悲しい幕切れ・・・(涙)
でも困っているひとにあの傘はもらわれていったから良かったのかな、なんてポジティブに考えて自分をなぐさめながら、降りしきる雨の中傘がない私は、結局びしょぬれになって帰ったのでした(苦笑)

その点、急な雨に降られても我が住吉店は駅直結なので傘がなくても大丈夫!
ぜひ、急な雨に降られた時には雨があがるまでの時間、オアシスで汗を流してみてはいかがでしょうか?スタッフ一同雨の日も皆様のご来店をお待ちしております☆
(北村)

画像/住吉でも雨の日は傘の貸し出してますよ♪(東)
※画像撮影者/大井


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。