異人館でコーヒーを一杯

店舗日誌2020年11月1日

コーヒーと言う飲み物には、不思議な力があります。
カップからふんわりと漂う香りは、ふっと肩の力を取り除き、たとえ、さっきまで書類と格闘していたデスクの上でも、吹きさらしの公園のベンチでも、心を柔らかくしてくれます。ちなみに、コーヒーのリラックス効果は、焙煎によっても変わるんだとか。
浅炒りと深炒りでは、深炒りの方がリラックス効果は高いそうです。

ならば、今飲んでいるコーヒーはどうも浅炒りのようです。思ったほどリラックスできません。掃除をサボった汚い私の部屋が目に飛び込むたび、いらいらします。
今の私にはもっと深炒りの美味しいコーヒーが必要なようです。
とうことで、家を飛び出しバイクを走らせ、やすらぎとコーヒーを求め三宮へ。

コーヒー豆輸入量が世界でも上位の日本。(3位くらいだったかな?)そのなかでも神戸といえば、大手UCC上島の本社やネスレ・ジャパンの本拠地があるほど、言わずと知れたコーヒーの街。酒造用の宮水でコーヒーを作る老舗にしむらコーヒーをはじめ、神戸っ子なじみの店舗も多数あります。
そんな神戸に、最近又一つ、神戸らしいコーヒー店がオープンしたようです。
なんと、なんと、それは異人館!!大手コーヒーチェーンが異人館をまるまる改装してコーヒーが飲めるようにしたのです。まさにザ・神戸なコーヒー店。

玄関をくぐると赤い絨毯の階段が目を引きます。右手にはリビングのような部屋にゆったりとソファやテーブルが。暖炉のイミテーションが雰囲気を作ります。「おかえり」青い目のパパとママが迎えてくれそうです。
二階に上がると、部屋の間取りはそのままにしてあるのか、小さな部屋がいくつかあり、窓際のソファに座って街路樹を見下ろすと、自分の家はここじゃないかと幻想にふけってしまいます。あぁ、、靴下の転がっているあの部屋は、きっと私の部屋ではないわ。。。あまりの居心地のよさとコーヒーの香りにやられ、トールサイズを買いなおして、ボーっとしていたら3時間。日が暮れていました。(スタッフの皆様、、、長いし過ぎました。すみません・・・)

素敵な空間は素敵な時間を流すものです。
本を読む人、誰かを待つ人、昼ごはんを食べる人、おしゃべりする人、手紙を書く人、
妄想する人。。皆同じ場所でも、それぞれの時間を過ごして楽しんでいました。
オアシス住吉でも、あなただけの素敵な時間を流してみませんか?コーヒーのような癒しのスタッフ(!?)が本日もお待ちしております♪
(大井)

画像(1)私の部屋。。。だったらな〜
画像(2)玄関にすぐ階段☆スタッフの方もぱちり♪長居してすみませんでした〜(焦)
画像(3)外国人観光客の方もよく来られてました!外にはオープンカフェも♪
※画像撮影者/大井


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。