不可能を可能にする家族愛

店舗日誌2020年8月5日

私はパーソナルトレーナを6年していることもあり、今まで脳梗塞の方に接することが多くありました。その中で、最も感じ思ったことは家族愛です。
私が接してきた脳梗塞を改善された方は、家族の大きな支えが必ず存在しました。

あるとき、脳梗塞発祥10年目の男性の方のセッションをする機会がありました。
発祥10年目・・・改善は非常に難しくなります。けれども、奥様があきらめずにオアシスに連れてこられました。
私はその奥様の気持ちに応えたく、あきらめずにその方と接しようとあらゆる努力をしました。
脳梗塞には早期治療と大変なリハビリが必要です。
10年立てば、神経の伝達が途切れ、改善は不可能に近くなります。
けれども私は頑張るその方に応えようとリハビリを行いました。
しかしながら私が関われるのは1週間に1回です。
どうしても、家族の支えが必要です。

奥様はマジックテープの靴をご主人様のためにご用意されました。
靴紐だと自分で履くのが困難な為です。
また、奥様は毎回送り迎えだけでなく、セッションの間中も必ず付き添われました。共に闘っておられるんだと感じました。

そして、その方はなんと、たった三ヶ月で自由に動かせなかった肩と肘を動かすことに成功しました!!
一生懸命な家族の努力と、信じる心があったからです。
今では麻痺した手で起き上がることまで成功しました。
家族の愛・・・
信じる人と共に歩む人生に不可能はないと思いました。
(横浜)

画像/パーソナルもやってます。皆さんのお手伝いが出来て光栄です。
※画像撮影者/大井


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。