それぞれの楽しみ方で!

店舗日誌2009年10月9日

先月の記事に続いて、僕もサッカーの話になります。(汗)それだけ、住吉店はサッカー好きが多いんです。

皆さんはサッカーで、国によってスコアに対する考え方が違うことをご存知ですか?
例えば、イタリアは、簡単に言えば守備に重点を置く国です。そんなイタリア人は3−1や4−2などよりも、1−0を一番美しいスコアだと感じるそうです。つまり、1−0の試合に勝ったチームは、「美しいサッカーをした」という風になるのです。
一方、スペイン人は派手さを好むようですね(笑)。
1−0の試合にブーイングが起こることは珍しくないのです。1−0で勝つくらいなら3−4で負けろ、と考えます。
 
そんな風に、国によっても、サッカーに対する考え方・感じ方が違います。人によってもサッカーの考え方・感じ方が違うのも当然ですよね。
1−0の試合を見たとして、「よく守りきった」「負けてもおかしくない試合だった」と思う人もいれば、「3−0でもおかしくない試合だった」と思う人もいるかもしれません。
 
感じ方も人それぞれ、楽しみ方も人それぞれ。
皆さんも運動に自分なりの楽しみ方を見つけてみてはどうですか?


(村地)

画像(1):それぞれの楽しみ方で、サッカー観賞!inホームズスタジアム(旧ウイングスタジアム)
※画像撮影者/村地
写真:それぞれの楽しみ方で、サッカー観賞!inホームズスタジアム(旧ウイングスタジアム)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。