ブレイクスルー

店舗日誌2020年9月28日

頑張ってトレーニングをしてても、身体の変化にあまり実感が無い時って、「ああ、いつまでこんな事…」と卑屈になってしまう意外とメンタルの弱い上野です。

皆さん、トレーニングの調子はいかがですか?
僕は陰で黙々とやるタイプなんですが…(根暗な発言)、最近ちょっと不調でして、必死でもがくものの、「嗚呼…アカンわ…」といつも途中でテンションダウンしてしまいます。
…まぁ、そういう時もあるって!と開き直る時もあります。

ですが、いつまでも開き直っててはトレーニングになりませんよね。笑

トレーニングに行き詰まった時には、トレーニング方法を変えて刺激を変えてみるとか、トレーニング内容を今一度見直してみるとか、はたまた思い切って休んでみるとか…。
自分で壁を壊す方法って実は沢山あります。
ちなみにそういう行動をブレイクスルーと言うそうです。

普段の生活でもこういう壁はあるかも知れませんよね?
「ああ、なんか毎日面白くねーなー」とか
「毎日同じサイクルで…」とか
「刺激が足りないわ…」なんて事。

…ありません?汗
…たまに思いません?汗

僕にも勿論、そういう時があります。
「あぁ、なんか面白い事ないかなー」って思いながら、でも行動には出ず、そのくせ面白い事が起こってくれるを待っている時。
実はそういう自分に先日気付いてしまい、これはイカン!と一念発起。
夜な夜なメールを飛ばして緊急召集です。

全く違う業種で働く男4人が同じ肉を狙っている風景。
網を覗きこもうとした瞬間、
肉を乗せすぎた為か肉の脂で炎が思いっきり顔まで上がってきて、「アッツーーッ!眉毛燃えるわ。」って言ってる隙に肉が網から消えている。。。

A「…なぁ、これ何?ハラミ?」
B「…知らん。…分からん。」
僕「…なぁ、これ何?」
C「…多分ホルモン。」
全員「うん、まぁそうやけど…。」

食べれたらそれで良い。という4人。

そんな焼肉戦争を楽しみながらする野郎の会話は、各々の近況報告だったり、仕事の話だったり、昔よく遊んでた時の思い出話だったり…。
でも全く箸は止まらないんですけどね。
色んな会話をする中で「あぁ、皆頑張ってるな…」としみじみ実感しました。
昔の面影を残しつつも、やっぱり皆時間の経過と共に大人になっていってるんだな。と。

何かに没頭し必死で頑張る事って、とても大事な事です。
でも、頑張りすぎて視野が狭くなってしまったり、柔らか頭が知らぬ間に固まってしまってた。なんて事もあります。
そういう時に違う角度から刺激をもらうと道が開けて、一気に前に進める気がします。

4人で朝までワイワイ肉を食べる事。これもある意味大事ですが、気心知れた仲間とざっくばらんに会話をし、お互いの会話から違う刺激をもらう事。
今は全く違う道を行く4人だからそこかも知れません。
お互いの進む道の苦労話や、面白かった話、こんな事があった!など、こうして集まって話をすると色んな考えや感情に出会えます。
僕には無かった刺激を皆がくれて、皆には無い刺激を僕が伝えて。
その刺激を自分のモノにして、明日からまた頑張ろうって気持ちになる事。

これが、僕にとっては大事なブレイクスルーなんだと改めて思いました。
さて、皆さんはどうですか?


(上野)

画像(1):肉を狙う男達の箸
画像(2):同じ肉を取り合う男達
※画像撮影者/上野
写真:肉を狙う男達の箸 写真:同じ肉を取り合う男達

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。