季節を感じる

店舗日誌2020年9月28日

春はお花見、夏は海へ、秋は紅葉、冬はスキー場へ。
四季のある日本に住んでいるのだからそれぞれの季節を楽しみたいですよね。

とはいうもの、春は花粉症が、冬は寒くて冷え性が・・・苦手な季節はあります。
その結果、私にとって過ごしやすい秋が一番好きです。

今年の秋は、紅葉ではなく、ちょっと変わってススキを見に行きました。
奈良県と三重県の県境にある曽爾高原という所までドライブ。

ススキといってもそこらに数本ぽつぽつ生えているわけではなく、大人の身長ほどの高さもあるススキが辺り一面に広がっているのです。

夕方、日が沈む一時、ススキの穂は夕日の逆光を浴び黄金色に染まります。

私が出かけたのはお昼過ぎ。着いたのは、夕日が沈むぎりぎり!!

黄金色・・・間に合うか・・・

祈る思いで丘を駆け上がり、夕日の方に振り返り、

「わぁ・・・」

ほんの一瞬しか黄金色のススキを見ることができませんでしたが、言葉にはできないほど美しいものでした。自然はやっぱり素敵です。

この秋、みなさんはどこに出かけられましたか?

冬はもうすぐそこ。
冬の澄んだ空気の星空を見上げながら歩く仕事帰り・・・明日もがんばろう!!


(谷)

画像(1):ススキの間を歩けます
画像(2):夕日をバックに
※画像撮影者/谷
写真:ススキの間を歩けます 写真:夕日をバックに

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。