旬の無花果を食す

食事・栄養・レシピ2010年9月16日

先日いちじくをもらいました。自分では買った事がなく、見た目も味も地味な感じで、正直そんなに好きでもないし、どうしたものかと思い、もったいないのでいちじくジャムを作ることにしました。

いちじくの皮をむいて、適当な大きさに切り、砂糖をたっぷり(なんと目分量)入れて鍋で煮ました。最後にレモン汁を入れて完成!

翌朝、パンに塗って食べました。いちじくのプチプチした食感と、目分量とは思えない絶妙な甘さ加減。いちじくが美味しく生まれ変わり、とても得した気分になりました。

さらに、色々調べてみるといちじくという果物は食物繊維豊富で便秘に効果的。また、たんぱく質分解酵素を多く含み、食後のデザートとして食べると肉や魚の消化を促進してくれるそうです。お酒の後に食べれば二日酔いにもなりにくいとか。素晴らしいではありませんか。今日からは食後にヨーグルトにいちじくジャムをのせて食べようと思います。

スーパーでブドウや桃などの横で控えめに並んでいる旬のいちじくを手にとってみてください。新しい発見があるかもしれませんよ。


(福井)

画像(1):キレイなピンク色のジャムに生まれ変わりました。
※画像撮影者/福井
写真:キレイなピンク色のジャムに生まれ変わりました。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。