けがの手当て

健康2021年5月7日

こんにちは。今回ブログを担当させて頂きます、フィットネススタッフの中本です。私は今、理学療法士を目指す大学に通っています。

先日、大学で市民救命士講習《ケガの手当てコース》を受講しました。ケガをして出血が起きたときの処置方法や、包帯の巻き方、骨折をした時の応急処置などを学びました。三角巾を使ってすぐ、簡単に誰でもできる分かりやすい講習でした。出血が起きた時、止血しないと命を落とすこともあります。「ケガの手当て」と言う名前ですが、心肺蘇生と同様に命を救うための大切な行為だと思いました。受講できてよかったと思います。3時間ほど講習を受けて、簡単な筆記テストに合格したら、神戸市消防局から写真のような修了証がもらえます。

今後、何かオアシスでけがなどされた時は、中本がすぐに対応しますので、何かあれば行ってください!!!


(中本)

画像(1):市民救命士の修了証
※画像撮影者/中本
写真:市民救命士の修了証

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。