【住吉店】トレーナーが悩み解決

健康2021年6月15日

パーソナルトレーニングをしていく中で身体を鍛えたいという方が多くいらっしゃると同時に身体の調子を整えたい、機能改善目的でパーソナルトレーニングを受けられる方が多くいらっしゃいます。そんな方の中で最も多い要望の1つが膝の痛みを無くしたい、膝痛改善です。
膝痛が起きる原因として座り過ぎることで股関節が硬くなったり、足首が動かしにくくなっている事、腹筋を使わない事で機能が低下している事が挙げられます。

対処法としては下腹部で身体を支える意識を持ち、膝だけでなく足首や股関節の柔軟性を高めていく必要があります。

今回は自宅でも簡単にできる膝痛改善のための体幹トレーニングを2つご紹介いたします。

1つ目は片足立ち体幹トレーニングです。

写真:足裏全体を床に着け90度を意識しましょう
画像(1)足裏全体を床に着け90度を意識しましょう

腰に手をあて、傾きがないかどうか確認し骨盤が床と平行になるように意識します。挙げている方の股関節、膝関節を90度まで曲げてこの姿勢を一分キープ。この姿勢の際に骨盤が左右に逃げたり、傾かない様に注意をしながら行う必要があります。90度を意識し、足を上げる事でより体幹を意識することができます。

2つ目はヒップリフトです。
仰向けで寝ころび、反り腰にならないようしっかりと背中をマットへ付け、体幹を安定させます。

写真:肩の力は抜きリラックス
画像(2)肩の力は抜きリラックス

両膝を90度より広く、浅く曲げ、胸をしっかり開いた状態からお尻を持ち上げます。

写真:胸から膝までが一直線になるぐらいを意識しましょう
画像(3)胸から膝までが一直線になるぐらいを意識しましょう

お尻を高く上げようと意識をしてしまい、反り腰になるケースが多々見られますが、おへそからではなくお尻から持ち上げるように意識をしていくと効果的です。

一見関係ないとと思いがちな腹筋でもそれを鍛えることで体幹が安定し、膝痛改善にも効果的です。
次回は柔軟性を高める為に必要なストレッチを紹介していきますのでご期待ください!


(瀧本)

画像(1):足裏全体を床に着け90度を意識しましょう
画像(2):肩の力は抜きリラックス
画像(3):胸から膝までが一直線になるぐらいを意識しましょう
※画像撮影者/瀧本
写真:足裏全体を床に着け90度を意識しましょう 写真:肩の力は抜きリラックス 写真:胸から膝までが一直線になるぐらいを意識しましょう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。