ウォーミングアップの重要性

フィットネス・エクササイズ2019年10月21日

皆さんは普段「ウォーミングアップ」の時間をしっかり確保できていますか?簡単に言うとウォーミングアップとは「今から行おうとしている運動のパフォーマンスの向上やケガの予防を目的として行う筋温を上昇させる準備運動」のことです。エアロバイクやトレッドミルを使用し、10〜15分行うのが一般的です。テレビや雑誌などを見ながらエアロバイクを使用していたら15分なんてあっと言う間に過ぎてしましますので運動に慣れた方も面倒くさがらずに必ず行っていただきたいですね。

ウォーミングアップをいつも行っている方でも意外と意識したことのないウォーミングアップの意義のひとつに「今のコンディションの良し悪しを確認する」というものがあります。つまりウォーミングアップ中に体調チェックを行うということです。

「今日は少し左のふくらはぎが張っているなぁ…」
「お昼ご飯をまだ食べていないからお腹が空き過ぎてるなぁ…」
「寝不足で今日はイマイチ気分が乗らないなぁ…」
といったことが時々ありませんか?
このようなことが予めわかっていたなら、参加する予定だったレッスンを1本減らしてみるとか、マシントレーニングの負荷をいつもより軽くして行うこともできます。その日のトレーニングは中止して帰宅するという選択肢もあります。

しかし何らかの理由でウォーミングアップを端折ってしまうと、このような微妙な異変に気づかずいつもどおりに運動をしてしまいケガの原因となることもあります。運動習慣のついた会員様ほど来館したら毎回決まったトレーニングを決まった負荷、回数で行わなければスッキリしないという方が多いようですが、この先も長く健康で運動を継続するためには、時には「運動をしない勇気」も必要です。

運動に関しては同じ内容を繰り返し行うことが大切なのではなく、長く運動ができるように自己管理することが大切です。ウォーミングアップやストレッチ、クールダウンといった「基本」を大切にし、無理のない自分に合った運動をこれからも続けてくださいね。


(久保)

画像(1):自転車でウォーミングアップ!ウォーミングアップやストレッチ、クールダウンといった「基本」を大切に。
※画像撮影者/文山
写真:自転車でウォーミングアップ!ウォーミングアップやストレッチ、クールダウンといった「基本」を大切に。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。