タオルで背中トレーニング 3選

フィットネス・エクササイズ2021年6月13日

たくましく・美しい上半身を作る  姿勢改善  肩・首こり改善

背中のトレーニングには非常に多くのメリットがあります。

でも、「背中に効いてる感じが分からない」 「背中がなかなか筋肉痛にならない」 といったお悩みもよく聞きます。それだけ背中のトレーニングって難しいんですよね…

背中の筋肉は日常生活の中であまり使われない事が、その原因の一つと考えられます。

だったら解決策はシンプル。「背中を動かす頻度を上げる」です!

とはいえ、ジムに行ける回数や 滞在時間は限られますよね。そこで今日は、タオルさえあれば出来る 簡単な背中のトレーニング3選をご紹介いたします!

種目1 タオルプル

写真:
画像(1)

立った状態から、軽くヒザをゆるめて 上半身を前に倒しましょう。両手でタオルの端を持ち、バンザイの位置がスタートポジション。

そこから、タオルを鎖骨に向けて引いてくるだけ!

ポイントは、背中が丸まらない事。 さらに最も重要なのが、「タオルを力強く、左右に引っ張りながら動く事」です! 左右への引っ張りが弱く、タオルがたるんでしまうと、背中に刺激は入りません。

種目2 タオルサークル

写真:
画像(2)

うつ伏せに寝たら、左右の足をぴたりと閉じて、床から浮かせないようにしましょう。タオルは適当に丸めて手に持ち、両手をバンザイの位置がスタートポジション。

腕は、外に開きながら 半円をえがくように腰までおろし、タオルを逆の手にパスしましょう。そしたら、腕を再びバンザイに戻し、また最初の手にタオルを返す。このように、グルグルをタオルで円を描くように動きましょう。

ポイントは、タオルが床に付かないように 可能な限り浮かせたところを動かす事。 また、目線は下に向けておきましょう。前を向いてしまうと、首・肩に力が入ってしまったり、腰が反りやすくなるので要注意!

種目3 レッグキック タオルロウ

写真:
画像(3)

床 もしくは 椅子に座り、両手でタオルの端を持ちます。 タオルの真ん中に片足を掛けて、前に蹴り出すように力を加えます。胸を張って背中がまっすぐが、スタートポジション

足を前に蹴り出す力を残したまま、タオルを自分の方に引き寄せたら、ゆっくり戻すだけ!

ポイントは 背中が丸まらない事。 そしてタオルを引く時にヒジが横に広がらず、脇をしっかり閉じて行なうことです!

いかがですか? 意外と簡単そうでしょう?  でもポイントを抑えてやってみると、意外にも背中に刺激が入りますよ!

是非 隙間時間にでも試してみてくださいね!

これからも一緒にトレーニングを頑張りましょう!


(棚橋)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。