ウォーターバッグエクササイズ3選

フィットネス・エクササイズ2021年3月13日

ジムにも置いてあり、もしかしたらテレビCMなんかでも見た事あるかもしれない 「ウォーターバッグ」!

見た事はあるけど 使い方は良く知らない…  という方も多いのではないでしょうか?

本当にいろんな使い方が出来るのですが、大きく分けると 「バッグ内の水を動かさない」トレーニング と 「バッグ内の水を大きく動かす」トレーニング に分けることが出来るんです。

今日は 「バッグ内の水を動かさない」バージョンを3つご紹介させて頂きますね!

その1  シングルレッグ デッドリフト

写真:
画像(1)

背筋を真っ直ぐにしてウォーターバッグを腰の前で持ち、足を軽く前後に開いて立ちます。この時、前にある足に多く体重を乗せて、後ろの足はフワッと床に付いている程度、これがスタートポジション!

そこからゆっくりと、前脚の股関節をたたみながら上半身を前に倒して行きましょう。

ポイントは、背中を丸めずに行う事。 また、ウォーターバッグが下がっていく際に 身体から離れないように注意し、スネの前に軽くこするようなイメージで行ないます!

その2 スタティック ランジ

写真:
画像(2)

背筋を真っ直ぐにしてウォーターバッグを胸の前でかかえ、足は大きく前後に開いて立ちます。重心は両脚の真ん中に来るようにして、前後 均等に体重が載るようにしたら、これがスタートポジション!

そこからゆっくりと、両ヒザを曲げながら身体を下に降ろして行きましょう。

ポイントは、背中を丸めない事。また、降りる際に 体重を前の足に多く乗せず、しっかり後ろの足にも乗っている事を確認しましょう! 意識できるなら、つま先 ヒザ 共に、真っ直ぐ前を向いているかもチェックです!

その3 シングルレッグ ヒップリフト

写真:
画像(3)

仰向けに寝転がり、ウォータバッグは骨盤の上に乗せます。片足を立てたら、逆脚は伸ばしておきましょう。これがスタートポジション!

床に置いた足で踏ん張りながら、骨盤を持ち上げてゆき ヒザから肩までが一直線になるようにしましょう!

ポイントは、腰が反らないように腹筋にも軽く力を入れておく事! また、ウォーターバッグが転がってしまわないように、両手で軽く押さえて、位置が変わらないようにしましょう。

これらすべての種目において、バッグの中の水はなるべく動かないように心がけましょう! あえて片足で動いたりする種目なので、少しでも油断すると、水が左右にバチャバチャ動き始めます!

身体の左右バランスを確認しながら動くことで、真っ直ぐな安定した動きに近づきます。

いつものウエイトトレーニングの前に行うと、よりキレイなフォームに近付けるかも!!?

ぜひ一度試してみてくださいね!

これからも一緒にトレーニングを頑張りましょう! 


(棚橋)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。