大臀筋トレーニング

フィットネス・エクササイズ2021年6月13日

トレーニングブログ今回は、お尻(大臀筋)です。

三宮店でお尻のトレーニングマシンは、グルートがありますがそのバリエーションとして紹介します。
皆さんスクワットは、したことがありますか? スクワットは、難しいトレーニングだと思いますが習得するとすごくいいトレーニングだと思います。 いろいろなスクワットがあるのですが今回は、フロントスクワットを紹介します。
トレーニングの注意点膝がつま先よりでないように重心は、踝より1センチ前におきます。
バーは、鎖骨に近づけて安定させ腕はクロスさせバーにそえます。この時、肘をはっていないとバーが転がってしまいます。肘をはるのは、腹筋の力も必要になってきますので腹筋も終わったあとしんどいのでスクワットでどれだけ体幹が必要かわかると思います。
バーが重い方は、ダンベルやボディーバーでOKです。
回数は、10回〜13回を3セットして下さい。終ったあとは、さすがにお尻が痛いです!!


(城山)

画像(1):スクワット姿勢
画像(2):スクワット姿勢2
※画像撮影者/見学
写真:スクワット姿勢 写真:スクワット姿勢2

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。