研修日和!!

店舗イベント2020年8月3日

先日の休館日を利用させて頂き、現場のスタッフが緊急時に早急な対応ができるようにBLS(一次救命処置)研修・避難訓練・水上安全研修を実施しました。
BLS研修
お客様が倒れ、『反応がない』、『普段通りの呼吸がない』場合は、すぐに119番通報の手配をしますが、救急隊到着までには全国平均で約8分間の時間がかかります。
しかし、その間に何もしなければ傷病者の生存率、及び社会復帰率は一次救命処置を行った場合と比べると大きく下がってしまいます。
BLS研修では、救急隊に引き継ぐまでの時間、私達スタッフは心肺蘇生法やAEDを使って一次救命処置をする事が重要になります。
まずは手順を確認しながら、胸骨圧迫やポケットマスクを使った人工呼吸の練習。
さらにAEDの使い方の理解を深め、もしもの時に慌てず焦らず対応できるようロールプレイングを繰り返し実施しました。

写真:心肺蘇生練習中
画像(1)心肺蘇生練習中

避難訓練
近日大阪地震、大雨による特別警報などの自然災害が相次ぎ、近畿圏でも甚大な被害を受けました。自然災害はいつどこで何が起きるかわからないため、私達スタッフは非常時に迅速な判断とお客様への対応をする為に避難訓練を行っています。
避難訓練では、火事や地震を想定し、お客様役とスタッフ役の2つのグループに分かれ、実際にシュミレーションを行いました。
スタッフ役は、どこで被害が起きたかを確認し、誰がどのエリアに向かうかを決めて大きな声で呼びかけを行いながら避難経路を使ってお客様役のスタッフを誘導しました。
三宮店の避難経路として使用する階段は2つあります。
エレベーター横と、ファンクショナルエリア(緑のマット)の近くにある階段です。
またご確認して頂けると幸いです。

水上安全研修
プールは、店舗の中で最も危険な場所の内の一つです。
溺者は、水中で呼吸ができないために窒息します。呼吸ができない時間が限界を超えると意識不明→呼吸停止→心停止に至ります。
水上安全研修では、もしプールで溺者を発見した場合に最善の対応ができるように研修に臨みました。
そのために救助の手順を再確認し、発見から救助、搬送、AEDを用いた心肺蘇生をロールプレイングを行いました。

写真:水難救助!
画像(2)水難救助!
写真:水難救助!!
画像(3)水難救助!!

スタッフの緊急時対応スキル向上の為にも引き続き研修を定期開催し、皆様に安心してご利用頂けるよう尽力致します


(野村)

画像(1):心肺蘇生練習中
画像(2):水難救助!
画像(3):水難救助!!
※画像撮影者/藤戸
写真:心肺蘇生練習中 写真:水難救助! 写真:水難救助!!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。