甘いものはタイミングが大切!

マネージャーのヒトリゴト2021年2月26日

甘いものが好き方にとって、ダイエット中甘いものを食べれないというのは、かなりストレスになりますよね...
甘いものは太るというイメージは、皆さんが持っている常識?かも知れませんが、ダイエット中絶対に口にしてはいけないのか...というとそういうわけではないように思います。

もちろん、いつでもどこでも口にするのは、太る原因の一つになるのと同時に体にとってもよくありません。
要はいつどのタイミングで口にするかという事が重要です。

甘いものを食べると血糖値が上がりますが、血糖値が上がると体内では血糖値を下げる為にインスリンというホルモンが分泌されます。
そしてこのインスリンが糖を各臓器へ運んだり、タンパク質の合成を促したりしてくれるのですが、トレーニングなどをしたあとは、筋肉に多く糖が運ばれ筋肉の回復や修復に役立ちます。

しかし、トレーニングをしていなかったりすると、余った糖が脂肪細胞に運ばれ、どんどん太ってしまう事になります...
なので日頃からトレーニングをする習慣がとても大切で、甘いものを口にするならトレーニングの直後であれば、太るというリスクは最小限に抑える事ができます。
むしろトレーニング後であれば、筋肉にとっては嬉しい栄養補給になります!
ただ摂りすぎはよくありませんよ...

トレーニングをしない場合であれば、朝少し食べる分にはその後の一日の代謝で消費しやすいのでおすすめです。
逆に甘いものが好きなのに、食べるのを我慢し過ぎる方がコルチゾールというストレスホルモンが増え、そのストレスから体を守ろうとして脂肪が増えやすいとも言われています。

ダイエットは体を動かし、食事を管理することはもちろんですが、もう一つストレスを溜めないということも大切なポイントです!
甘いもの好きの方は、ストレスを溜めないためにも、口にするタイミングを考えると気持ちも楽になるのではないでしょうか。

写真:デザート
画像(1)デザート


(稲田)

画像(1):デザート
※画像撮影者/稲田
写真:デザート

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。