より効果的に二の腕を鍛えよう!

マネージャーのヒトリゴト2016年6月18日

夏に向けてトレーニングに気合いが入る時期ですが、皆さんトレーニングは順調でしょうか?
まだトレーニングをスタートしていない方は今からでも遅くありません!ぜひ夏に向けての一歩を踏み出してみましょう。

さて、今日は皆さんが気になる二の腕について、すこし詳しくトレーニングをご紹介したいと思います。
二の腕は上腕三頭筋と言って、名前の通り三つの筋肉の頭があり、決して一つの筋肉では成り立っていません。
よく二の腕のトレーニングとして、何か一つのエクササイズをして終わり...というパターンが多いと思いますが、トレーニングに慣れてきた方などは、もう少し筋肉の使い方を意識するとより効果的です。

筋肉の使い方というのは、このエクササイズをするとどこに効くのか?と言うことです。
上腕三頭筋は三つの頭があると言いましたが、具体的には長頭(ちょうとう)と短頭(たんとう)があり、この短頭はさらに内側頭(ないそくとう)と外側頭(がいそくとう)に分かれ、これら三つを総称して上腕三頭筋と呼びます。

まず長頭を鍛えるには、できるだけ脇を締めた状態でトレーニングすると効果的。

写真:ナローグリップベンチ
画像(1)ナローグリップベンチ

そして内側頭を鍛えるには、肘を頭より上のポジションでストレッチ感を感じながら肘の曲げ伸ばしをすると、内側から腕の付け根にかけて使った感が生まれます。
写真:フレンチプレス
画像(2)フレンチプレス

そして外側頭は少し肘を開いて肘の曲げ伸ばしを行うと、外側に刺激を感じるはずです。
写真:プッシュダウン
画像(3)プッシュダウン

トレーニングは、この種目でどこを鍛えるのかを知って、使ってる場所を感じながら行う事がとても大切。
ぜひ効果的なトレーニングの参考にしてみてください。


(稲田)

画像(1):ナローグリップベンチ
画像(2):フレンチプレス
画像(3):プッシュダウン
※画像撮影者/稲田
写真:ナローグリップベンチ 写真:フレンチプレス 写真:プッシュダウン

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。