強靭な身体!

マネージャーのヒトリゴト2020年10月23日

先日、三重県鈴鹿市まで足を運び、F1日本グランプリを観戦してきました。
天気予報では雨予報となっていましたが、なんとか曇りで最後までもってくれました。

写真:三重県の曇り空
画像(1)三重県の曇り空

最高時速340kmともいわれるスピードと、そのスペードを出すためのエンジン音は迫力満点!
とにかく路面に張り付くように走るマシンは、空気抵抗を極限まで少なくし、まさに異次元のマシンといった感じです。
そして、このマシンを操るドライバーは、凄まじい体力を持ち合わせたスーパーアスリート!
F1では最大5Gといわれる力が働くと言われています。
このGというのは重力をさし、5Gというのは自分の体重の5倍の力が体にかかるということ。

国内のジェットコースターでも4G程度と言われているので、それよりも強い力を感じながらレースでは約2時間走り続けていることになります。
そう考えると本当にすごいですよね!
事実、F1ドライバーはGに負けないように、首は非常に太く強靭な身体になっています。

どんなスポーツでも、それぞれの競技特性に合わせて、素晴らしい体力を持ち合わせているのは間違いありません!
しかし、その背景には継続して頑張り続けるということが条件になりますね。
それは体作りやシェイプアップでも同じ。

これから秋、冬へと季節が変わってきますが、この時期トレーニングを頑張って継続するかどうかが、来年の春、夏へとつながります!ぜひ、今を頑張りましょう。

写真:観覧車から見た鈴鹿サーキット
画像(2)観覧車から見た鈴鹿サーキット


(稲田)

画像(1):三重県の曇り空
画像(2):観覧車から見た鈴鹿サーキット
※画像撮影者/稲田
写真:三重県の曇り空 写真:観覧車から見た鈴鹿サーキット

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。