肩をカッコよく!

マネージャーのヒトリゴト2020年10月21日

今日は肩のトレーニングを行いました。

男性であれば、いくら胸や背中にしっかり筋肉が付いていても、肩の筋肉がなければ体の横幅がでないうえに、全体のシルエットを大きく崩します。
女性にとっては、体のラインを細く見せる為にも、肩の筋肉は非常に大切です。

そんな肩のトレーニングですが、非常に小さな筋肉でもありますが、行う種目や鍛えたい部位を明確にして行わなければ、その効果は得られません。

まずは、肩のリアから全体に刺激を入れるためビハインドネックプレスから。
しっかり可動域を大きく使います。

写真:ビハインドネックプレス
画像(1)ビハインドネックプレス

その流れでショルダープレスマシンを使い、肩の前を意識しながら全体を鍛えます。
写真:ショルダープレス
画像(2)ショルダープレス

その後、普段なかなか鍛えることがないか肩の後部。
ケーブルを使い、肩甲骨の動きは押さえ目にし、肩の後ろに意識を持たせます。
写真:リアレイズ
画像(3)リアレイズ

続いて肩の前部。
ダンベルを使って、腕を回旋させながら最大限筋肉を収縮させます。
後部とあわせこの前部も案外行わないトレーニング。
しっかり鍛えておきましょう。
写真:フロントレイズ
画像(4)フロントレイズ

そして、よく行われる肩の中部。
こちらもダンベルを使って行います。
できるだけスピードを殺し、ゆっくりじっくり行います。
写真:サイドレイズ
画像(5)サイドレイズ

肩のトレーニングは、小さな筋肉であるがゆえに反動を使いがち…
しっかり動きとスピードをコントロールして頑張ってみましょう。


(稲田)

画像(1):ビハインドネックプレス
画像(2):ショルダープレス
画像(3):リアレイズ
画像(4):フロントレイズ
画像(5):サイドレイズ
※画像撮影者/稲田
写真:ビハインドネックプレス 写真:ショルダープレス 写真:リアレイズ 写真:フロントレイズ 写真:サイドレイズ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。