体温をあげよう!

マネージャーのヒトリゴト2020年9月20日

寒い日が続き、全国各地でも雪が積もったりしていますね。
これだけ気温が低いと室内にいても暖房をつけないとさすがに寒いですね...
ただ、普段からトレーニングしている場合とそうでない場合には、体感温度にも大きく差が出るようです。
もちろん筋肉が多いと、体温も高くなり少し動くだけでも熱を作りやすくなります。

さらに、体温に関しては1度違うと免疫機能も高くなると言われています。
そして、体温を上げるには筋肉を付けることが一番の早道。
筋肉は体の中で最も大きな熱産生器官で、特に脚の筋肉は筋肉面積も大きいので積極的に鍛えると効果的です。
その代表的なトレーニングと言えばスクワットですね。

写真:バーベルを担いだスクワット
画像(1)バーベルを担いだスクワット

写真:自体重でのスクワット
画像(2)自体重でのスクワット

さらに筋肉を付け基礎代謝が上がり、体温が仮に一度上がれば寝ている時も、ウォーキングを30分行った時と同じくらいのカロリー消費があるとも言われており、ダイエットや健康面でも良い事が予想されますね。
寒さに負けず健康な体作りの為にも、筋トレを頑張ってみましょう!


(稲田)

画像(1):バーベルを担いだスクワット
画像(2):自体重でのスクワット
※画像撮影者/稲田
写真:バーベルを担いだスクワット 写真:自体重でのスクワット

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。