アスリート女子

マネージャーのヒトリゴト2017年4月2日

今日はアスリート女子とトレーニング。スタッフの鎌田は、クラブチームでフットサルを行っているバリバリのアスリート。そんな鎌田とは、アスリートにとってパワーの源とも言えるお腹と背中のトレーニングを実施。

まずはお腹のトレーニングから。腹筋といっても、たくさんの種類があるので、ただ同じ種目を黙々とこなすのでは面白くありませんで、今日は10種目をそれぞれ10回づつ休みなく行い計100回行いました。

写真:楽しく腹筋
画像(1)楽しく腹筋

種類が異なるので、100回があっという間。あえて元気なうちに腹筋を行い、最大限お腹に刺激を与えます。そして腹筋のあとに背中のトレーニング。今日は普段あまり行わない種目や、フリーウエイトを使いながら、姿勢の意識を高め筋肉の動きも意識できるようなものをチョイス。
写真:通常とは異なる角度で刺激
画像(2)通常とは異なる角度で刺激

アスリートなので自分の身体を使いこなせなくてはいけません。そのために、あえてバランスが崩れやすいようなトレーニングを、しっかり負荷を与えながら行えるかが重要。
写真:体幹を安定させて行なう
画像(3)体幹を安定させて行なう

写真:デッドロウイング
画像(4)デッドロウイング

今やどんなスポーツでもウエイトトレーニングは必須の時代!競技特性に合ったトレーニングはもちろん、たまには新しい刺激も求めていろいろな動きにチャレンジすることも大切です。


(稲田)

画像(1):楽しく腹筋
画像(2):通常とは異なる角度で刺激
画像(3):体幹を安定させて行なう
画像(4):デッドロウイング
※画像撮影者/稲田
写真:楽しく腹筋 写真:通常とは異なる角度で刺激 写真:体幹を安定させて行なう 写真:デッドロウイング

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。