二の腕を引き締めよう!

マネージャーのヒトリゴト2017年4月8日

今日は二の腕のトレーニングについて。
お花見シーズンがピークを迎えていますが、暖かくなるともちろん薄着になり、二の腕なども気になる季節だと思います。

二の腕は腕の裏側の筋肉ですが、脂肪もつきやすくたるみやすい部分でもありますね。
そんな二の腕はできるだけ使ってあげることが大切!

ご自宅ででもできる比較的誰もが取り組みやすい種目をご紹介します。
まずはダンベルを使ったキックバックという種目。
ダンベルがなければ、ペットボトルでも十分代用できます。

写真:ダンベルキックバック
画像(1)ダンベルキックバック

軽めのダンベルで構いませんので両手で握り、上体を前に倒した姿勢からバトンをもらうようなイメージで小指から肘を伸ばしていきます。
中途半端にならないように肘を伸ばしきる事がポイント。
できれば、伸ばしたところで2秒ほど止めてからゆっくり戻していきましょう。

続いてディップスという動作。

写真:自体重を使ったディップス
画像(2)自体重を使ったディップス

イスでもベンチでも構いませんので、仰向けの状態で両手を付きます。
指先は自分の体の向きにくるようにセット。
そこから肘が90度くらいになるまで体を沈めていき、ゆっくり起こしてきます。
かなりハードなので、最初は膝を曲げた状態からはじめてみましょう。

トレーニングは継続が大切。
ジムに通えない日々は、こっそり家トレを頑張ってみましょう!
頑張った分だけ体は変わりますよ。


(稲田)

画像(1):ダンベルキックバック
画像(2):自体重を使ったディップス
※画像撮影者/稲田
写真:ダンベルキックバック 写真:自体重を使ったディップス

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。