体幹を鍛えよう!

マネージャーのヒトリゴト2020年9月20日

体幹トレーニングという言葉は、最近多く使われているトレーニング用語ではありますが、正しく鍛える事のメリットをしっかり知っておくとより効果的ですね。

体の幹と書いて「体幹」ですが、体の胴体の部分をイメージするとわかりやすいと思います。
体幹トレーニングというと、インナーマッスルといって体の内側にある深層部の筋肉を鍛えるというイメージが強いですが、腹筋はもちろん背中や胸、あるいはお尻の筋肉も一緒に鍛える事で強化が図れます。

また、体幹はパワーの源とも言われ、スポーツシーンはもちろん、普段の生活の中でも手足を動かす時にそのバランスを保ち、体の安定性を司る部分でもあるので、体幹が弱いとちょっとした動作でも腰痛になったり、動きがスムーズに行えなかったりと支障をきたす事も…
そうならない為にも、体幹を意識したトレーニングは非常に大切になります。

写真:プランクというトレーニングで体幹を鍛えよう
画像(1)プランクというトレーニングで体幹を鍛えよう

写真のようなトレーニングは代表的ですが、なんとなく姿勢を作るのではなく、お腹に力を入れ胴体部分をしっかり固定するイメージを持って、正しい姿勢を保持できるようにしてみましょう。


(稲田)

画像(1):プランクというトレーニングで体幹を鍛えよう
※画像撮影者/稲田
写真:プランクというトレーニングで体幹を鍛えよう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。