四股を踏もう!

マネージャーのヒトリゴト2017年7月23日

今日は、スタッフの鎌田がフットサルの試合に向けてトレーニングを頑張っている最中なので、少し脚のトレーニングのバリエーションをアドバイス。
フットサルに関わらず、スポーツシーンでは片足重心で体を動かす事が多く、片足がゆえにより上半身とのバランスや連動性が必要となります。

そんな連動性も意識できるトレーニングにチャレンジ。
まずは、スクワットの動作でもバーをまたいで行う事により、股関節周りの柔軟性を高めながら筋力発揮させていきます。
フルレンジで可動域いっぱいに行ったあとは、下だけで小さく動き、腰を落とすことを意識しながら柔軟性も高めます。

写真:バーベルをまたいでスクワット
画像(1)バーベルをまたいでスクワット

このあとは、ランジ動作で内腿やお尻の筋肉を意識。
写真:ランジ動作で内腿とお尻を意識
画像(2)ランジ動作で内腿とお尻を意識

そして、内腿やお尻を使う意識が持てたら四股を踏んでみます!
四股はお相撲さんが行うことで有名ですが、トレーニングとしてはかなり強度が高く難しい動き。
実際にやってみると、バランスをとる事すら難しく、足腰の筋力がいかに重要かが理解できると思います。
写真:お尻に力を入れてバランスをとる。
画像(3)お尻に力を入れてバランスをとる。

足を高く上げる時には、軸足の筋肉を最大限使い、そのバランスをとるために体幹の意識が欠かせません。
特にお尻の筋肉でしっかり踏ん張り、片足での重心バランスを調整します。
写真:腰をしっかり落とす
画像(4)腰をしっかり落とす

脚を下した時には決して休憩ではなく、腰をしっかり落とし腿前の筋肉はもちろん股関節周辺の筋肉を使い、力を溜め込むように踏ん張る事が大切。

もちろん、本来の四股はもっと違った意識が重要になると思いますが、トレーニングのバリエーションとして活用してみると、非常に効果が高まると思います。


(稲田)

画像(1):バーベルをまたいでスクワット
画像(2):ランジ動作で内腿とお尻を意識
画像(3):お尻に力を入れてバランスをとる。
画像(4):腰をしっかり落とす
※画像撮影者/稲田
写真:バーベルをまたいでスクワット 写真:ランジ動作で内腿とお尻を意識 写真:お尻に力を入れてバランスをとる。 写真:腰をしっかり落とす

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。