酸素不足?

マネージャーのヒトリゴト2017年8月28日

8月も終盤ですが、これから気候も落ち着いてくると一気に夏の疲れが出やすくなりますので、夏の終わりとともに気が緩まないように気をつけないといけませんね。

さて今日は体の疲れとも大きく関係する酸素について。
皆さんは呼吸を意識したことはあるでしょうか?
生きて行くうえで呼吸は絶対に必要ですが、日々意識することは少ないのではないでしょうか。
人は呼吸をして酸素を体に送り込んでいますが、最近は酸素不足による疲労感などが多くなっていると言われています。

写真:酸素不足になると疲労が溜まりやすくなります。
画像(1)酸素不足になると疲労が溜まりやすくなります。

酸素不足?と思うかもしれませんが、人はストレスや姿勢ひとつで浅呼吸と言われる浅い呼吸になったり、気づかない間に呼吸数が減ってしまいます。
そうすると、体の酸素が不足しがち…
特に酸素を多く使うのは脳で、呼吸から取り込まれる20〜25%の酸素を消費します。
しかし、呼吸が浅くなり酸素の量が減ってしまうと、脳への酸素も不足し脳が疲れてしまいます…
そうなると、疲れが取れない、やる気が出ないなど精神的にも影響が出てしまうわけです。

また、ダイエットでも脂肪を燃やすにはリパーゼという酵素が必要ですが、この酵素は酸素がないと活性化されません。
つまり酸素不足では、脂肪が燃焼しずらいと言うことになります。

こういった状態にならない為にも酸素をしっかり取り込める体が必要。
日々、鼻から深呼吸する時間を作る事も有効ですし、三宮店ではブレストモーションエクササイズと言う、呼吸と向き合うレッスンもご用意しています。

写真:ブレストモーションエクササイズで呼吸トレーニング。
画像(2)ブレストモーションエクササイズで呼吸トレーニング。

ぜひ、ご自身の体の為にも、呼吸と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。


(稲田)

画像(1):酸素不足になると疲労が溜まりやすくなります。
画像(2):ブレストモーションエクササイズで呼吸トレーニング。
※画像撮影者/稲田
写真:酸素不足になると疲労が溜まりやすくなります。 写真:ブレストモーションエクササイズで呼吸トレーニング。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。