ワンハンドの効果

マネージャーのヒトリゴト2019年10月14日

マシンやフリーウエイトを使ってのトレーニングでは、両手でバーやグリップを持ちトレーニングを行う事が多いと思います。
両手で行う事のメリットとして、姿勢を保持しやすい、ある程度重量も扱いやすいなど様々ありますが、普段両手で行っているのであれば、トレーニングのバリエーションとして、片手つまりワンハンドで行ってみる事も有効です。

トレーニングで忘れてはいけない事は可動域。
要は、筋肉の伸び縮みを最大限引き出してあげる事が大切です。
筋肉をつけるには重量とばかりに重たい重りで頑張っても、本来筋肉が動くであろう可動域が小さければ筋発達は促されにくくなります。

例えば、ラットプルダウンという背中のトレーニング。
ワンハンドで片手ずつ行う事で、両手で行うときよりも肘をしっかり引き寄せる事ができるはずです。
要はワンハンドでのトレーニングは可動域をしっかり引きだす事が可能。

写真:片手でトレーニング
画像(1)片手でトレーニング

写真:しっかりと動かす範囲を広げる
画像(2)しっかりと動かす範囲を広げる

この引き寄せるという感覚が大切で、人は筋肉を伸ばす事は得意ですが、筋肉を縮める事は相当意識しなければ実現できません。
皆さんも「胸の筋肉を伸ばして」と言われると両手を広げてストレッチをすると思いますが「胸の筋肉を縮めて」と言われると縮め方を考えたり、縮め方がわからないという場合があると思います。

しかし、トレーニングはこのどの筋肉でも伸ばす・縮めるという事を明確に出してあげないと、本来もっているトレーニング効果は得られません。
ぜひ、ワンハンドトレーニングで、効果的な筋トレを実現してみてください。


(稲田)

画像(1):片手でトレーニング
画像(2):しっかりと動かす範囲を広げる
※画像撮影者/稲田
写真:片手でトレーニング 写真:しっかりと動かす範囲を広げる

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。