冬来たりなば春遠からじ

マネージャーのヒトリゴト2020年7月13日

神戸といえば中華街ですが、中華街では「春節祭」という伝統行事があります。
「春節祭」とは中国の旧暦の正月である「春節」を祝う行事のことで、神戸市の地域無形民俗文化財に指定されているんですよ。
1/26〜2/1の期間中は中華街(南京町)を中心としてパレードやさまざまなイベントがあり、おみくじなども売っています。

私は寒いのが大の苦手なのですが、この時期になると「寒いのももう少しの辛抱」と前向きな気持ちになれるし、この「春節祭」というのも春が近い感じがして好きな響きです。

最近の経済情勢など世の中は暗いニュースばかりが多いですが、「冬来たりなば春遠からじ」ということわざもあります。
冬の時代も永久に続くわけではないし、どんな時代であれとにかく身体の健康が第一ですよね。
適度な運動と休養、栄養を心がけながら日々を過ごしていきましょう。
(金尾)

画像/元町駅の飾り
※画像撮影者/金尾


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。