初めてのecoナイト

店舗日誌2008年6月27日

夏至と冬至の夜のわずか2時間。

梅田茶屋町周辺は消灯され、ろうそくを灯す。

ためいきのようなひとときを―

「1,000,000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY」

「時の速さに汚されてしまわぬように」

日々時間や何かに追われ暮らしているからでしょうか。

電気のない暗がりの中にともるキャンドルと人々の思いは、

心地よく私の心に入ってきました。

「大切なもの」

「忘れていたこと」

「大事にしなければいけないこと」

を思い出させてくれるとても優しい時間でした。

素人の写真ですが、まるで細胞すべてが

リセットできた時間が伝われば嬉しいです。
(大窪)

画像(1)〜(3)ecoナイトのともされたろうそく
※画像撮影者/大窪


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。