来年こそは絶対お花見!

店舗日誌2019年10月14日

桜も咲いては散り、過ごしやすく気持ちのよい季節がやってきました。
そういえば今年の「春ソング」って、みなさんありましたっけ!?
「桜」とか「卒業」とか分かりやすいタイトルの曲ってなかったように思います。
それでも「そばにいるよ」や「laugh away」を聞くと切なくなったり、テンション
あがったりもしました。

そんな曲をi podで聞きながら町を歩いてると、嫌でも敏感に、また感傷的になります。
桜が咲き、桜が散り、花びらが舞い散る中、公園では真新しい大き目の制服で
照れたように入学式の記念写真を撮影している新小学一年生のご家族をみることも
あれば、お葬式に参列し悲しみに暮れるご家族をみることもあります。
おじいちゃん思いのスタッフの祖父がお亡くなりになりました。
悲しい気持ちを力に変えて笑顔でみなさんに接してくれています。
先輩のご夫婦に待望の赤ちゃんが産まれました!
きっと喜びに満ち溢れておられていられることでしょう。

マンションの前に止まっている引越しの車に荷物を詰め込む人もいれば、
荷物を出している人もいます。
私の知人が住み慣れた場所から先日引っ越しました。
運送屋さんのドライバーの方は65歳で、5年前にがんと申告されお医者さんに
「5年持たない」と告げられていたそうです。
「まさか今年も桜がみれるとは・・・」とおっしゃられていたそうです。

行こういこう〜と思っていたお花見は今年は結局行けませんでした。
忙しいことを言い訳に当たり前のことをやり過ごしてしまっているのかもと
少し残念に思います。
そんな私の毎日でも周辺では色々な出会いや別れの奇跡が日々積み重なって
過ぎていっているんですよね。
桜も咲いては散り、過ごしやすく気持ちのよい季節がやってきました。
私をとりまく全ての人や物事に日々多謝感謝しながら、(来年こそは絶対お花見に
行くぞ!!)と想う今日この頃です。
(大井)

画像 桜を楽しみながらパチリ!
画像撮影/大井


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。