世界遺産

店舗日誌2020年10月28日

11月秋晴れの1日、今年2度目の広島へ出かけました。
お目当ては宮島のもみじ饅頭とカキめし・・・あぁいやいや、世界遺産の厳島神社を拝むこと。

宮島は日本三景の一つとして知られ、その象徴ともいえるのが厳島神社。
海を敷地に建てられた類まれなる神社で、廻廊で結ばれた朱塗りの社殿と大きな鳥居は島の外からでも威風堂々とくっきり海に浮かび上がり、背後の山の緑や空と海の青とのコントラストはさながら一枚の絵のよう。

私たちが着いた頃ちょうど潮が引き始め、30分後には鳥居の足元まで行く事が出来たので超ラッキー♪
さらに幸せになれるようにと鳥居の足元に抱きついたり、鳥居の上に石を投げ上げたり(周りの人がそうすると幸せになれるらしいと投げていたので・・・本当なのだろうーか)、意外にはしゃぎまくり、お昼ご飯や散策も含めなんと4時間近くも滞在。よく歩いたし、結構いい運動になりました。
たまには遠出もいいですね。


(芦田)

画像(1):水が引きましだ
画像(2):鹿がいました
※画像撮影者/芦田
写真:水が引きましだ 写真:鹿がいました

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。