天高く馬肥ゆる秋は『きのこ』で乗り切る!

食事・栄養・レシピ2021年6月13日

『天高く馬肥ゆる秋』
この言葉を聞いて、肥ゆるのは馬だけじゃない…と自己反省をするのは私だけでしょうか。
10月に入り、段々と秋らしい気温になってきました。猛暑から一転して涼しくなりまして、こうなるとバテ気味だった体から失せていた食欲が目を覚まします。秋刀魚、梨、栗…秋の味覚の出番です。この時期に勢いで食べすぎますと、冒頭のように反省を余儀なくされるというわけです。

さて今回は、そんな食欲の秋を乗り切る!(でもおいしいのは諦めたくない)心強い味方、低カロリーかつ美味!「きのこ」のオススメポイントをご紹介します。まず最初に述べたように「きのこ」は他の食品に比べて、低カロリーです。ですので、お腹いっぱい食べても心配ない素敵な食品なのです。そして食物繊維が多いので、しっかり便通にも効果有りです。また、日本でもポピュラーなきのこ「しめじ」にはビタミンB2が含まれており、気をつけて摂っていると肌荒れなどにも効果があるそうですよ。低カロリー・食物繊維豊富・美肌効果!女性にはうってつけの食品ですね。

しかしながら、「きのこ」は油を吸いやすい食品なので低カロリーだからといって油を使いすぎた調理方法は避けたほうがいいようです。また、「きのこ」だけだと摂れない栄養素もありますので偏りすぎないことも必要です。焼きマツタケやシイタケにレモンやカボスを絞って食べるのも、ビタミンCを補う意味で正解だそうです。昔からの調理法は、理にかなったものなのだなと納得してしまいますね。私もこの「きのこ」効果を知ってからなるべく1日1回は色々な調理法で、摂るように心がけています。おすすめの食べ方は、やはりこれからの時期は簡単にお鍋でしょうか。写真はスタッフの佐藤さんに教えてもらった、「きのこづくし鍋」です!おいしそう!何種類もきのこが入っていて、ヘルシーです。

『天高く「人」肥ゆる秋』とならないよう、「きのこ」パワーをうまく利用して、食欲の秋を乗り切りたいと思います。みなさんも今からお試しになってはいかがでしょう?冬にはびっくりするくらい美しくなっているかもしれません。


(港)

画像(1):きのこたっぷり「きのこづくし鍋」!
※画像撮影者/佐藤
写真:きのこたっぷり「きのこづくし鍋」!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。