自家栽培小さすぎるトマト

食事・栄養・レシピ2011年9月21日

4月〜5月ぐらいにかけて、人生初の家庭農園を始めました。といっても家庭内農園ですが・・・。育て始めてのはプチトマトです。『家庭内で出来る』というキットを買い、種を植えるところからです。トマトの苗は見たこと有るのですが、芽は中々見ることが無いので芽が出てくるまで小学生にでも戻ったかのように毎日わくわくしていました。

やがて毎日の水やりのかいもあってか、ついに芽が出たかと思ったら、みるみるうちに背を伸ばし花を咲かせました。そこからがまた辛抱時です。花が咲き、しぼみ、朝にまた咲きを繰り返し2〜3週間変化が見られなかったように見えたのですが・・・ついに花びらがおち、ヘタの中心部にはなんと小さな緑の丸い物が!やっと実がなったんです!そこから待って待って待って遂に収穫時。市販に売っているものよりも二周りほど小さいですが何とか赤トマトになっていました。

早速食してみます。・・・おいしい!1個の質量こそ少ないものの、普通のトマトよりトマトの味がしっかりとすると言うか、味が濃いと言うか、もしかすると自分が育てたからゆえにかも知れませんが・・・しっかり赤色に染まり、前之園農園で育ったトマトは立派にどこから見てもトマトでした。

このトマトの赤みはとても身体によく、この赤色の色素がリコピンといい(名前ちょっとかわいいですよね)身体の中の害がある活性酸素をおさえる働きがあるそうです。活性酸素は老化の元になりますのでこれを抑えてくれるというのだから魅力的ですよね。

皆さんも自給自足・・・とまでは言いませんが、試してみてはいかがですか?これからの季節の野菜は沢山ありますよ。


(前之園)

画像(1):3週目のトマトです!
※画像撮影者/前之園
写真:3週目のトマトです!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。