山登りする際に気をつけたい「4つのこと」

健康2019年12月14日

少し春らしい陽気になってきました。今年もはや数ヶ月過ぎましたね。慌ただしい時期だと思いますが、体調は崩されてないでしょうか??私は今回、先月行った六甲山について書かせて頂きます。芦屋〜六甲山〜有馬まで1日かけて登ってきたのですが、トレッキングシューズが無かったのでスニーカーで登りました。

このシューズで大変なめにあいました。はじめにイノシシに遭遇し、恐る恐る登りました。登りは快調にロックガーデンをよじ登り、昼食をとり、滝を眺め、気持ちは清々しく朝早くに起きて来て良かったーと思っていました。ところが登山途中から下山にかけて、体力には自信があり、意気揚々と登っていたのですが、雪が足をとりはじめ苦戦しました。登山専用の靴では無かったので、下りは滑る!!と恐怖心との戦いで、頭から滑り落ちたり、本当に危険なことが多々ありました。有馬まで行くにつれ、雪が増えるので諦めて帰ることも考えましたが、有馬に行って温かいご飯とお酒を!という一心で向かいました。途中は雪が氷ってたのでよつんばいで山を下ったりと慎重に下山し、ゆっくり下山してたので日が落ちる一方で、すれ違うような人もいなくなり、少し怖い思いをしました。そんな中、食べたい物「おでん」「味噌汁」を声に出していました。

なんとか無事に有馬に着き、ご飯を食べ、温泉に入り、電車で帰ってきました。山登り楽しかったです!試しに登ってみるのも良い気分転換になると思います。皆さんもどうですか?そのときには、山登りする際に気をつけて欲しいことがあります。

1.服装は脱ぎ着しやすいように重ね着で。
2.靴の選びは大切に。
3.歩幅は狭めて、体力消費を抑える。
4.30分に1度は休憩か水分補給を。
当たり前のことですが私みたいにならないようにくれぐれも気をつけて下さいね!


(高橋)

画像(1):まだ小さいいのししでよかったです。
画像(2):絶景です。疲れも吹き飛びました。
※画像撮影者/高橋
写真:まだ小さいいのししでよかったです。 写真:絶景です。疲れも吹き飛びました。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。