トレーニングセミナー開催!

Academia(VILLAGE)2016年7月14日

イベント参加人数

11名

昨日は休館日を利用し、OASIS VILLAGEイベントとしてトレーニングセミナーを開催しました。
このトレーニングセミナーは第3回を迎え、今回のテーマは「脚」と「お腹」
これから夏本番に向けてピッタリのテーマという事もあり、過去2回に比べ女性の方も多くご参加くださいました。

参加頂いた皆様に「今回ご参加頂いた目的は?」と聞いたところ、「マラソンの為の筋力アップ」「お腹周りを引き締めたい」「とにかく痩せたい」など目的はさまざま。
それらのご要望にお応えできるよう、トレーニングのバリエーションや効かせ方についてレクチャーさせて頂きました。

まず脚のトレーニングでは、スクワットやレッグプレスといったマシンを中心に、お尻や内腿、太もも裏を効果的に鍛えてもらえるようトレーニング内容をご案内。
脚のトレーニングでは、脚の位置やスタンス、姿勢を少し変えるだけで効かせたいポイントが大きく変わります。
そういったポイントを知っておくと、トレーニング効果にも違いが出てきますね!

また、効果を引き出す為には、筋肉の伸び縮みをしっかりと出し、特に皆さん苦手な縮めるという部分を意識するだけでも普段とは違った刺激が入ります。
太もも前を鍛えるレッグエクステンションを例に出すと、膝をしっかりと伸ばし、もも前の筋肉を縮める事が大切ですが、この縮めるという部分だけを意識した上半分で小さく動かす反復トレーニングも非常に効果があります。
重量にはこだわらず、丁寧に丁寧に動きをコントロールする事が大切。

写真:下げすぎない位置
画像(1)下げすぎない位置

写真:しっかり膝を伸ばす
画像(2)しっかり膝を伸ばす

さらにお腹のトレーニングでは、骨盤の向きが全てといってもいいでしょう。
腹筋をする場合は、骨盤を後傾させる事で腹直筋が最大限収縮してくれます。
写真:骨盤は後傾にする
画像(3)骨盤は後傾にする

その状態を作り出すためにボールなどを利用して、骨盤の向きの確認と、お腹に力が入る感覚を事前に練習しておく事も有効な手段の一つです。
写真:後傾ポジション確認
画像(4)後傾ポジション確認

トレーニングは正しい動きと新しい発見で効果が出て、効果が出る事でトレーニングが楽しくなります!
ぜひ、こういったトレーニングセミナーを有効に活用頂けると良いかと思います。
充実したトレーニングセミナーに出来るよう、今後も継続していきたいと思います。
写真:集合写真
画像(5)集合写真


(稲田)

画像(1):下げすぎない位置
画像(2):しっかり膝を伸ばす
画像(3):骨盤は後傾にする
画像(4):後傾ポジション確認
画像(5):集合写真
※画像撮影者/稲田
写真:下げすぎない位置 写真:しっかり膝を伸ばす 写真:骨盤は後傾にする 写真:後傾ポジション確認 写真:集合写真

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。